【ぶっちゃけ】転職エージェントは50代を相手にしない(ほとんど)

転職エージェントは50代を相手にしない(ほとんど)

 

私は転職サイトを使って3回とも転職先を見つけましたが、相手をしてくれたのは転職エージェントではなく転職サイトの転職担当者でした。

 

 

ただ、特技を持っていたり人手が足りない職種はわかりません。

・介護
・運転手
・コールセンター

の3職種。

または、ビ○リーチにヘッドハンティングされそうな超きらびやかなサラリーマン。

 

私は最終的にコールセンターに行こうと思っていたのですが、その前に就職先が決まりました。

当然コールセンターは時給制でシフト制です。

なかなか人が定着しないようで、我々シニアにもスカウトメールがきます。

50代も半ばをすぎると商品価値がほとんどない

 

 

50歳そこそこで、これからどんどんキャリアアップしていこうという人間は基本的に次の転職先は決まっているでしょうし、会社をやめることはないでしょう。

 

そこから判断すると、転職サイトではいろいろ書いていますが、実際は自身で求人サイトを検索して手応えのありそうなのをピックアップし、まずウエブから申し込み、うまくそれが通れば履歴書や職務経歴書を送り面接・・という流れになります。

 

転職エージェントをつけられるような企業は、当然その企業から求人会社に入る手数料も多いところで比較的大きな企業です。

そのため、エージェントはあまり商品価値のない我々50代になどにかまっていられません。

 

頼るべきは自分の力と運、それにハローワークです。

資格がなくても勤められるの3つの職種

 

私が特別な資格がなくても勤められそうだと考えるのは

・コールセンター
・フランチャイズのオーナー(勤められるではないかも?)
・コンビニの夜の部のアルバイト

です。

 

アルバイトも50代だと、なかなか雇ってくれません。
だいたい夜から朝にかけての若い女性が勤められない時間帯です。

 

私は最終的に周りの人や弟にも働くところがないか声をかけていました。
家の近くのコンビニやレストランの厨房のアルバイトもチェック。

いざとなったらWワーク。

 

 

年齢が高いとみんな働く気持ちがないからとか高望みしすぎなので働けないとか思われがちですが、本当に真っ当に転職先を探してもないのが現状です。

厳しい現実を受け入れた上でどのようにお金を稼ぐか考えないと、若い頃のような体力はもうありません。

ぶっちゃけ飛び込みの営業だと思って、頭を下げまくるのみ。

 

これも人生100年時代などと年金の受給年齢を上げたはいいですが、それに伴う国の雇用への取り組みが遅れているからだと思います。

民間企業は先手をうって、長く会社に勤められる前にどんどん社員を切っています。

 

といっていても、仕方がないので転職エージェントを頼らず職を自分で探すしかありません。

 

 

6月のボーナス退職に伴うビックウエーブはきているはずです。
仕事ばかりでなく、心まで休む前にまず一歩ずつ前進しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です