【Indeed】世界最大級の求職特化型検索サイト。人材紹介会社ではない

Indeedとは

 

最近最もよく目にする求人サイトといえば、Indeed(インディード)。

 

ここは、求人情報サイトのGoogleと呼ばれています。

 

参照:indeed

 

「世界最大級の求人特化型検索サイト」でもあり、従来では、転職といえばマイナビ転職・リクナビなどの転職サイトをまずは利用していましたが、求人を検索するとIndeedが表示されます。

 

Indeedは、検索結果の表示画面の広告掲載により収益をあげており、求職者は無料で求人情報検索やそれに付随するサービスを利用できます。

 

2012年にリクルートの完全子会社となり、基本的にはリクルートが運営しています。

 

Indeedの良い点と悪い点

 

Indeedの良い点

 

・Indeedは勤務地が入れられます。

 

・・・そのため、浸透したともいえます。

 

・他の求人サイトもまとめて検索できる。

 

Indeedの悪い点

 

・他の検索サイトが出てくるために、いちいちそのサイトに登録しなおさなければならない。

 

・Indeedが採用に直接関与することはないため、検索のみで求人の直接の力になってくれない。

 

直接担当者が掲載元の企業と交渉してくれるわけではないので、あくまで「検索サイト」という位置付けです。

 

ただ、Googleで自分の探している職業を入力するとIndeedが上位に表示されます。

 

大勢の人間が使うのと、SEOが優れているためのものだと思われます。

 

しかし、企業がダブっていることがあり、私は少し邪魔だなという印象を受けます。

 

 

ただ、仕事の「検索エンジン」と考えた場合は優秀なので、そこを人材紹介会社とはっきり分けて考える必要があります。

 

まとめ

・Indeedはあくまで「求人検索サイト」

・Indeedは仕事の検索はできても、紹介はしてくれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です