10連休の前後は「転職相場」は動かない

転職相場の動きは5月の連休以降

 

これはハロワークの担当の方に聞いたのですが、今年10連休があるため、かなり急ぎの求人以外は4月半ばくらいまで、5月も中旬以降くらいになると思うとのことでした。

 

 

採用担当者が、10連休の前には一旦仕事を区切り自分の仕事をするため、また連休明けはその間にたまった仕事を片付けなければならないためだそうです。

 

確かに人を採用する方も別に仕事をもっているでしょうから、それを考えるとなるほどと思います。

 

こちらは少しでも早く再就職したいのですが、相手がいることなので仕方がありません。

 

約1ヶ月間の間私たち求職者は何をするべきなのでしょうか。

 

この1ヶ月でできること

 

まずは自分の履歴書の精査です。

 

以前も書いた通り職務経歴書をもう一度見直しましょう。

 

また、ネットに登録している履歴書も、もう一回見てみましょう。

 

かなり就職サイトが多いので、手抜きをしているところがあるはずです。

 

それと、私がしようと思っているのは求人会社まわりですね。

 

キャリアバンク、リクルートなどを回って求人の登録をして担当に話を聞いてきたいと思います。

 

私の前回の経験からすると、4月以降に出ている求人の4月1日採用ではない分バタバタしておらず、いい案件があるようです。

 

簡単な資格を取得する

 

資格を取っても、実務経験がなければ求人自体に当てはまらないと思います。

 

しかし、今までの職種ではない別の仕事をしたい場合、もしくは私のようになんの取り柄もない場合には企業側へのアピールになるそうです。

 

 

仕事を辞めてからの就職支援の学校はタダみたいな金額で通学できますが、それほど50代はゆっくりもしていられません。

 

それに、その学校を卒業して資格を取ったとしても必ず就職を斡旋されて就職できるものではないそうです。(直接学校に電話して聞きました)

 

今までやってきた仕事を活かして再就職できればいいですが、なければ別のできそうな仕事を探すしかありません。

 

そうすれば、仕事の職種の選択肢を2つに出来ます。

 

「なんでもやります」は、何も出来ないのと同じと前回の転職の際にも言われました。

 

自分は「やる気」があっても、企業が取ってくれないので「やる気」だけではダメなのが50代、60代の辛いところです。

 

まとめ

・転職相場は10連休の前後では動きがない

・1ヶ月間、何をやるか考えよう

・資格を取るのもオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です