50代の転職は「経験」がすべて。自分の経験を武器にしよう

50代の転職はやってきたことがすべて

 

50代の転職の場合、過去にやってきた経験がほぼすべてです。

 

一番いいのは過去にやってきたことを生かせる企業に応募することです。

 

50代になって新しく資格をとって経験もないのにそれをいかして就職するというのはかなり無理があります。

 

そうなると、それ相応の資格、例えば弁護士、社会保険労務士、税理士などかなり難易度の高いものがであれば別でしょうが、時間もかかりますし経験を積むとすぐ60歳です。

 

とても、一家の柱としてまだまだ稼がなければならない50代では現実的ではありません。

 

文系で一番使える部門は

 

サラリーマンで一番求人が多いのは、私が見ている範囲では「総務・人事」のようです。

 

そして、最も潰しがきかないのは「営業」です。

 

営業職の求人もかなりあるのですが、50代にはかなりきつい少しブラックな営業が多いでようです。

 

 

頻繁に私にオファーが来るのは、大●建託とフライチャイズのオーナーです。

 

その点、総務・人事の求人は条件もよくポジションも上のものが多いように感じます。
(統計を取ったわけではありませんので私の感覚です)

 

3年前もそうでしたが、もし将来転職を考えるなら、総務・人事部門がいいと思います。

 

手に職があるならとても強い

 

やはり、50代になるとホワイトカラーよりもブルーカラーの方が強いです。

 

 

手に職があるので選択肢は少ないですが確実性があります。

 

これが、医療系なら引く手あまたです。

 

こんなことなら、医療系を子供の頃から目指せばよかったといってももう遅いので、どちらかというと私のような何の取り柄も資格もないサラリーマンが転職をする場合を現在進行形で考ていきましょう。

 

なぜなら私も同じ職探し中です。

 

まとめ

・50代の転職はそれまでの経験がすべて

・手に職があると強い

・私も職探し中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です