【副業】不意打ちの解雇に備え「副業」をもとう

オッサンは副業を持たねば

 

現在、求職中でブログのPVが0になり二重苦におちいっている管理人です。

 

今日、ショーケンこと萩原健一さんが亡くなりましたね。

 

沢田研二よりも好きなスターでした。

 

「傷だらけの天使」よかったなあ・・・。

 

ということで、前置きは終わり。

 

50代になって収入が断たれるというのは、かなり辛い。

 

どちらかというと死に直結する事態です。

 

 

会社は、そんなことお構い無しです。

 

今必死になって働くのはとてもいいことですが、法律が変わったのでこれからが「働き方」を変えないといつクビを切られるか分かりません。

 

そんな時に備えて、昔から収入源は3つもてといわれています。

 

副業は労働法でも認められており、肩身が狭かったのですが、国が推進したことで立派な国への貢献になりました。

 

それは、本業だけでは食べていけなくなるということを暗に国が言っているような気がします。

 

収入源が3つは無理でも2つは持たないと

 

 

私はブログを副収入と考えていましたが、今は1日数円しかありません。

 

それでやはり会社を辞める(クビになった場合)に備えて副業の大切さを教えられている現在です。

 

国が副業を推進している以上、副業をやらないと今後、食べていけないといっているようなものです。

 

それで収入源は3つ・・は無理なので、2つ持ちたいところです。

 

何を収入源にするか

 

 

副業の本を買うと結構出てきます。

 

せどり、写真、短時間のアルバイト・・などですが、私はブログをお勧めします。

 

もしくはクラウドワークス。

 

 

https://crowdworks.jp

 

何か特技があれば、それなりに仕事ができます。

 

一度家に帰ってから、また出かけるのは体力的に少しきついかなとも思います。

 

ここで一度自分ができそうな仕事を探すと、今の自分の査定もできますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です